殴り書き読後覚書:橘川幸夫「ロッキング・オンの時代」

橘川幸夫「ロッキング・オンの時代」(晶文社)読了。

橘川さんのnoteでの連載を楽しみにしていたので、ついにこうして1冊にまとまって読めるのがとてもうれしいです。

1972年の「ロッキング・オン」創刊から約10年間のお話。(「ロッキング・オン」は私と同い年なのね。)

新宿ソウルイートでの渋谷陽一との出会いや、印刷業を営んでいた橘川さんのお父さんの協力で創刊時からオフセット印刷で出版していた話。盟友渋谷陽一、橘川幸夫、岩谷宏、松村雄策の4人の関係性。なかなか商業的に軌道に乗らない中での試行錯誤などなど。

断片的に、昔話として渋谷陽一や松村雄策から誇張して語られることでしか知り得なかったエピソードが、真実の記述として描かれるのワクワク感といったらありませんでした。

私は橘川、岩谷在籍時の「ロッキング・オン」はリアルタイムでは読んでいません。
(でも80年代末頃も岩谷さんの原稿載ってなかったっけ?
古本屋でバックナンバー買って読んだのと勘違いしてるのかな・・・。)

でも「ロッキング・オン」の創刊時の意思も、こちらも私よりはちょっと上の世代の方に思い入れが強い橘川さんが作った投稿雑誌「ポンプ」も、私が1990年代半ばにウェブメディアにとてつもない興奮を覚えたのと共通のものを感じました(おこがましいですが・・・)。
橘川さんの双方向性だったり参加型のメディアへのこだわりというのがよくわかりました。

最近の橘川さんのインタビューでも、まさにそんなことが語られています。

[リンク:「ロックはミニコミ」早過ぎるインターネット作った橘川幸夫が語る]

あと、橘川さんの生まれ育った四ツ谷の1970年代の風景や空気感がたくさん描かれているのも刺激的でした。

橘川さんが、岩谷さんと同時期に「ロッキング・オン」編集部を去ろうとするのが、増井修の入社(1980年)と重なるのが実に象徴的でした。

私が最も「ロッキング・オン」に熱量を持って接していたのは、1990年前後。まさに増井修政権の時代でした。

編集部と読者が一心同体のような同人誌かつサークルのような媒体から、音楽誌トップに君臨するまでの発展、そしてその後の雑誌乱発時代、そして現在の多数のイベント運営まで手掛ける大事業体に至る原点が描かれています。

今年5月に増井修「ロッキング・オン天国」(イースト・プレス)

が出て、そして今回の橘川さんの本。
2016年は何ゆえ「ロッキング・オン」史が解禁となったのでしょうか?

「クイック・ジャパン」の連載をまとめた篠原章「日本ロック雑誌クロニクル」(太田出版・2004年刊)

と合わせて、この3冊をもう一度読み返したいです。

 

【裏取り】ビートルズ「シェイ・スタジアム」は疑似ライブなの?


今年出たポールのインタビュー本「告白」のP95〜97にシェイ・スタジアム公演に関する発言がありました。

「あの晩のぼくらはちょっと、ヒステリー状態だったと思う」

「実際には最高だった。ヒステリーがいい目に出てたのさ」

として、

「で、イギリスにもどったあと、実を言うと歌を全部入れ直したんだ。マイクはなにも拾えてなかったし、拾えててもひどい出来だったからね。今見直してみると、ぼくらは正直、いい仕事をしたと思う。ちゃんとライブっぽく見えるからだ。ぼくらはウェンブリーにあったスタジオに少なくとも2日入り、ボーカルやギターや、とにかくやり直す必要のあるものは全部やり直した。」

とあります。

なるほど。
シェイ・スタジアムのビートルズのライブ映像は、オーバーダビングも含めての作品であると受け止めるべきなのだと個人的には結論付けました。

間もなくリリースのDVD/BR「EIGHT DAYS A WEEK」には「シェイ・スタジアム公演」2016年レストア版は収録されないのかしら。
もう一度答え合わせしたいです。

 

続・ビートルズ「シェイ・スタジアム」は疑似ライブなの?

昨日の続き。

Youtubeに上がっていたPAラインアウト音源を何度か聴く。


馴染みのシェイ・スタジアム映像の音源と詳細に比べているわけではありませんが、なるほど確かに演奏やボーカルがオーバー・ダビングされていることを理解しました。

でもブートの煽り文句にあった「擬似ライブ」は言い過ぎでは?という印象。

飽くまでライブの音源を尊重して、ボーカルやギターソロが欠落したところを補って、演奏の弱いところをお化粧して、放送に耐えられるところまで持って行ったというところではないでしょうか。

いやぁ、面白い。

(「She’s A Woman」も「Act Naturally」もそこまで悪くない!)

ところで、オーバーダブが行われたという1966年1月5日ロンドンのCTSスタジオでの録音に関しては、ビートルズ研究の第一人者、マーク・ルイソンの「ザ・ビートルズ全記録」及び上下巻をまとめた「ザ・ビートルズ ワークス」で言及されているということなのですが(当方未確認)、しかし同じく彼が関わった「ビートルズ・レコーディング・セッションズ」には記載がないというのは不自然ではないのでしょうか?

彼の本以外でもこのオーバーダブの裏取りは出来るのでしょうか?

どんどん興味が湧いてきます。

PS.言っときますけど、オーバー・ダビングがあったからあのシェア・スタジアムライブ映像の魅力がどうこうなるって話ではないですからね。

 

ビートルズ「シェイ・スタジアム」は疑似ライブなの?



ビートルズのライブ活動期を追ったドキュメンタリー映画「EIGHT DAYS A WEEK」の本編終了後、興奮状態のまま1965年8月15日のニューヨークはシェイ・スタジアム公演の映像に突入して行き、ビートルズのライブ絶頂期の疑似体験をさせてくれた演出は今思い返してもたまらんものがありました。

(しかし、いつから「シェイ・スタジアム」って言うようになったんでしょうね。やっぱ「シェア・スタジアム」の方がしっくり来ます。)

シェイ・スタジアム公演の映像や音源自体は、以前より馴染みのあったものですが、オフィシャルでの最新編集、レストア映像、最新ミックス音源の迫力と言ったらありませんでした。

そして、オフシャルが動くと、こちらもざわつくブート市場。

ミスタークローデル・レーベルから、現存するシェイ・スタジアム公演の音源と映像を3CD+3DVDでコンプリート収録したという「SHEA STADIUM 1965 & 1966」(mccd-563-568)という作品がリリースされています。

いくつかのブート屋・・・いや、もといコレクターズCD店のサイトを当たってみましたが、解説文が共通なので、レーベル側が提供している文章なのでしょう。

この中で、はたと疑問に思ったことがあります。
2ヶ所引用します・

「しかし良く知られているように、当日の録音は状態が良くなく、映像作品として使用するクオリティではなかったようだ。そこでより完成度を高めるために、翌年1966年1月5日にスタジオにて、映像に合わせてビートルズが改めて演奏、その音源を加工して映像に被された擬似ライヴを作成。」

「その肝心のサウンドトラックも、1966年1月5日ロンドンのCTSスタジオにて再録音やオーバーダブされたもので、 ビートルズのメンバーはフィルムを見ながら口を合わせてレコーディングしたという。 つまり、今までシェアとして流通していたものは、大部分がこのときスタジオで再録音された擬似ライヴだったのである。」

え?
我々が馴染んでいるシェイ・スタジアム公演の音源は、あとで録音しなおされた擬似ライヴ音源なのですか?

そんな史実が本当にあるのでしょうか?
ビートルズ史の拠りどころの2冊「アンソロジー」にもそんな記載はなく、「ビートルズ・レコーディング・セッションズ」にも、1966年1月5日にスタジオに入った記録は残されていません。

でも、「ビートルズ・レコーディング・セッションズ」には2週間後のハリウッド・ボウル公演2日間が録音されたことは記載されています。シェイ・スタジアム公演の録音には触れられていない、この不思議(P94)。

誰か教えて真実!

 

ビートルズ「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」の旅


Rolling Stone掲載「ビートルズ『ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー』:レアなデモ・テイクを通じて名作を振り返る」

思いつきメモの弾き語りデモから、我々が耳慣れたサイケデリック・ビートルズの傑作の高まりに到達するまでの、長い試行錯誤の物語。
これはたくさんの音源の流出で、この実に味わい深いドキュメンタリーでとなっているわけであります。

1996年オフィシャルリリースの「アンソロジー2」には、デモテイクからレコーディングセッション数テイクと完成テイクの高まりが実に見事に編集、収録されていました。

この時期、一連の「アンソロジー」プロジェクトから流出したと思しき音源がブート市場を大いに興奮させていたもの。

デモ音源からレコーディングセッションまで全25テイクを納めた「It’s Not Too Bad-the evolution of Strawberry Fields Forever」)(Peg Boy 1008)

「Strawberry Fields Forever」の制作過程の研究サイトと連動して、私家版として全28テイク収録された「Must be high」。

作り手側としては、こういう音源の流出は全くもって嫌なもんだろうと思いますが、改めて聞き返しながらこの実に豊かで楽しい旅に浸ってしまいました。

 

もっともっとアダチ龍光に色を着けてやる

引き続き早稲田発表のプロジェクトのウェブサービスを使って、モノクロ画像のカラー化を。

元画像はアダチ龍光さん、1975年5月25日母校鹿瀬小学校創立100周年記念式典(鹿瀬小学校・所蔵)。新潟日報 2004年6月20日付け掲載「幕下りるとき」より。



そしてカラー化。


さらに、本職の竹井ブランメンバーのレタッチ。


いやぁ、素晴らしき奥深い世界であります。

 

アダチ龍光に色を付ける:ウェブサービス モノクロ画像のカラー化を試す

NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京」などで、とても夢中になっていた、モノクロ画像や映像をカラー化する技術。一体どういう仕組み何だろうと興味津々でありました。

最近ではこの読売新聞の「ビートルズ日本公演50周年記念特集」サイトで、早稲田大学発表の人工知能による技術が採用されました。

この研究名は「ディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け」と言うそうですが、この研究チームが公開したソースを元にウェブサービスが提供されています。

モノクロ画像のカラー化をこんなに手軽に試せるとは・・・数時間のめり込んでしまいました。

サンプルは、1953か54年に阿達家の庭で撮られた奇術師アダチ龍光さんとの集合写真。

何だか感激します。

 

アダチ龍光さんのこと年表wiki編 移転のお知らせ

懸案でした、アダチ龍光さんの人生を時系列で追う「アダチ龍光さんのこと年表wiki編」をSeesaa Wikiに移転し、公開開始いたしました。
またコマメに更新して参ります。
今後ともドゾヨロシク。

 

雑感:「Eight Days A Week」を堪能

うーん。大満足!
ビートルズの演奏とファンの熱狂にどっぷり浸かっての2時間数十分。

ビートルズのコンサート活動期を追ったドキュメンタリー「Eight Days A Week」を堪能いたしました。

(以下、ネタバレあるかも)

ビートルズのパフォーマンスが良い画質で良い音で大音量で提示されるだけで、こんなに圧倒されるとは。
21世紀に提示されるビートルズは今回もすごかった。

先だってリリースされた「Live at The Hollywood Bowl」よろしくビートルズのロックバンドとしての迫力。特にリンゴのドラムがパンキッシュなこと。鋭利なジョンのリズムギターの気持ち良さ。ポールの弾きまくりうねりまくりのベース。的確なジョージのリードギター。
誰がなにをやってどんな役割だったかかよーくわかります。

でまた、ステージ上で演奏しながらも実に4人が仲良さそうで、楽しそうで思わずニヤニヤ。

初渡米時のワシントン公演のドラムセットがグルグル回るやつが、カラーで登場。ここでも音がガレージロックかってくらいの迫力でグイグイ。これにはびっくりした。

「Twist And Shout」「Dizzy Miss Lizzy」「Help」などのジョンのシャウトに痺れ、「Baby’s In Black」や「Ticket To Ride」で1本のマイクでジョンのリードにポールがコーラスを重ねる様にメロメロに。

本編終了後、定番のシェイスタジアム公演が最新リストアでライブを疑似体験。
終始ニヤニヤが止まらない。

ラストの「I’m Down」のジョンがキーボード弾きながらふざけて、それにポールもうれしそうに反応する様は何度見てもたまらない。

ミーちゃんハーちゃんで2時間たっぷり。

今から西新宿行ってシェイスタジアムの映像買ってこよ。

・・・数時間後。
あれ?

シェイスタジアムの映像だけ買いに来たのに、なんでハリウッドボウル3公演入2CD+1964年映像DVDも持ってるんだ?

#beatles #eightdaysaweek

 

遁レコサイト成人式

今月入ったら何か特集でもやろうと思っていたのですが、気がつけば9月も20日過ぎになってしまいました。

えーー、遁レコサイトはこの9月23日で開設から20周年を迎えます。

「世にはインターネットというものがあって、世界中に情報発信が出来るらしい」

と衝動的にローンを組んでパソコンを購入したのが1996年の9月。
「HTML入門」ってな本を買って数日後にホームページを開設。それが9月23日でした。

今となってはピンと来ないかもしれませんが、まずは表紙代わりのトップページがあって、それをクリックしてもらってから目次代わりのコンテンツ一覧を見せるという流れが一般的だった気がします。

開設当時のファイルが残っていないので、2000年頃のものかと思うのですが、要はこんな感じです。
http://www.tonreco.com/indextest.htm

中身の開設当時のファイルが残っていました。
http://www.tonreco.com/intro.htm
アングラ臭ぷんぷん。

当時はインフラが28.8Kbpsのモデムで、インターネットの接続は電話回線。つまり、インターネットに繋いでる間はどんどん電話代が掛かるのです。もちろんすぐにテレホーダイに加入しました。

画像をアップするのもちと大変だったし、画像が多いサイトは読み込みに時間が掛かるので敬遠されるところもあったように思います。

開設から数日後9月27日には日記のようなことを始めています。
http://www.tonreco.com/words/words96.htm

青臭くて思わず笑ってしまいますが、奇しくも最初のテーマが藤子F不二雄の死に関して。氏が亡くなったのは9月23日だったのですね。

何故私が「藤子不二雄Fこと藤本弘」と記しているのかは不明。
単なる私の凡ミスか、はたまた当時はFの位置の認識が定まっていなかったのか。

あとこの時期は、まだまだ企業がウェブサイトを持つことも始まったばかりで、サイトを公開してるだけで、取材を受けたり雑誌に取り上げられたりすることがありました。
例えば「あちゃら」(リクルート)1997年4月号。
http://www.tonreco.com/achra.htm
無記名原稿でしたが、取材をメールで受けたのは「ロッキング・オン」を離脱した直後だった(と記憶している)川崎和哉氏からで感激したのを覚えています。

アングラ誌テイストがワクワクした「インターネット・マニア」(大滝詠一のインタビューが6ポくらいのサイズでびっしり載ってたのをむさぼるように読んだのを覚えています)にも取り上げられたともあります。
(覚えてないのですが・・・)
http://www.tonreco.com/words/words97-1.htm#518

また当時、インプレスだったか(検索したらソフトバンクからでした)「インターネット・イエローページ」といウェブサイトの電話帳が出版されていて、当たり前のようにウチのサイトが載っていました。
本でウェブサイトを網羅できてしまえるようなそんな時代だったわけです。

(つづく・・・かも・・・このネタ面白いかな?)